小児歯科治療での麻酔のリスクについて紹介しているサイト

早めの対応で成長に合わせた治療が可能な小児歯科

乳歯などの抜歯をする時

大人でもそうですが、小児歯科における抜歯の施術時に麻酔を用いることはよくあります。
局所的な麻酔または、子供であっても全身麻酔が使用されるケースもあります。
局所麻酔はその名の通りピンポイントで使われる麻酔で、麻酔を施す範囲は限られますが局所麻酔の中でも効き方や効く範囲には多少種類があります。

いずれも注射で行われるので、子供に使用する場合はそもそも麻酔の針を怖がってしまうこともあるので歯科医師や衛生士さんはさまざまな工夫をしていることが多いです。
また、局所麻酔の場合治療中は意識があるので痛みは緩和されても結局怖いと感じることも少なくないのが実情です。
普段から歯科健診などである程度決まった医院に通い慣れているような習慣があると多少マシになるかもしれません。

虫歯の治療をする時

大人も嫌いな人の多い虫歯の治療であり、削ったり埋めたりというような歯科医院のイメージそのものの治療で麻酔が使用されるケースです。
子供の歯は柔らかく、生活習慣や食事の仕方などによっては虫歯の進行が早い傾向があります。
なので、思ったよりも深いところまで虫歯に侵されている時は麻酔を使用した施術をしなければならない場合もあります。

幼児や子供の歯科治療への恐怖は大人よりも更に大きいものであり、進行してしまった虫歯の治療というものはたいてい痛みを伴いますし、削る振動なども耐え難いものであることは言うまでもありません。
振動などはどうにもなりませんが、痛みに関しては局所麻酔または全身麻酔を用いて緩和し少しでも治療の苦痛を軽減するという措置が取られます。


シェアする

B!