子どもの虫歯治療時の麻酔のリスクについて

小児歯科治療での麻酔のリスクについて紹介しているサイト

早めの対応で成長に合わせた治療が可能な小児歯科

麻酔はさまざまな医療現場で使われていますが、大人だけでなく子供の治療でも場合に応じて使用されています。 ここでは、小児歯科の治療において子供に麻酔を施すのはどんなケースなのかについていくつかの例をご紹介します。 これから家族が何らかの歯科治療を受ける場合はぜひ参考にしてくださいね。

小児歯科で麻酔を使うことのリスクとは

小児歯科は子供の歯科医療を専門とする部門ですが、施術内容や治療のケースによっては麻酔を使用することがあります。 しかし、大人ではなく子供の身体に麻酔を使うことに抵抗感のある人もいるでしょう。 ここでは、小児歯科治療における麻酔使用のリスクについていくつかご紹介します。

麻酔治療後の過ごし方や注意点

歯科医院で受けることのできる治療の中では部分麻酔や全身麻酔が使われることがありますが、麻酔を使用した施術の後の注意点とはどんなものなのでしょうか。 また、麻酔を使った治療後の過ごし方についてもご紹介します。 これから麻酔を使った歯科治療予定のある場合はぜひ参考にしてくださいね。

小児歯科の治療で麻酔を使うのはどんな時?

小児歯科で何らかの症状を改善するなら早めが良いとされています。
大人でもいえることですが、成長期にある子どもの歯については、矯正などをする場合成長に合わせた施術になるため、成長しきった状態の歯に変化を加えるよりもより素直に変化できたり、自然な仕上がりを少ない時間で目指せるなどの利点があります。

とはいえ、子供が歯科医院での治療を受けるには抵抗を持つ場合も多いでしょう。
大人でも歯の治療は必要があっても苦手だと言う人も多く、子供であればなおさら独特の雰囲気や音などに拒否反応を示す可能性は高いと言えます。
子供の場合、早い内からの治療や矯正を試みるとなるとなるべく苦手意識を持たないよう仕向けることも重要になってきます。
怖くないと伝えることも大事ですが、反対に楽しい場所へ行くというような嘘で釣るのもよくありません。
なぜ行かなければならないのかは説明することで子供なりに理解しますし、治療後に喜ぶような事や楽しい事を用意するようにしてあげると良いですね。

歯科医院へ行く事自体に抵抗を持ってしまってはいけないので、小児歯科を掲げる歯科医院側も、子供が怖がらない、抵抗感を持たせないようなさまざまな工夫をしています。
歯科治療は、何らかの不具合が出た時だけでなく歯科健診など生涯を通じて通う必要性のある部門でもあるため、日々歯を大切にし適切なケアをしつつ定期的な健診で診てもらうことでより良い状態を長く保ち、歳をとっても自分の歯で食事ができるようにすることに繋がるのです。